赤ちゃんとお母さんをめぐる問題 高校講演

赤ちゃんとお母さん講演会

親子の絆と肌着の役割

 

夏休み中に赤ちゃんや子供について研究をしている高校生グループに参加し、講演を行いました。子どもの発育や子どもの親をめぐる諸問題などを様々な角度から研究していて、ベビーストリアは「親子の絆と肌着の役割」というテーマで講演をさせてもらいました。学生向けは初めてだったので、赤ちゃんをテーマに研究している高校生に低出生体重児やそのお母さんたちの想いをどうすれば上手く伝えられるか手探りでした。きっと彼女たちは妊娠出産なんて実感できないことだと思います。まして早産や低出生体重児なんて言われても想像すら難しいと思います。それでも初めは何となくでも知っていてもらえたらいいのかなと、そんな気持ちでした。

なぜ低出生体重児の肌着が必要なのか、その肌着がどんな効果をもたらしお母さんたちの生活の中で活きるのか。お母さんたちの気持ちの変化とともに今後の肌着の役割についてお話しました。講演は、赤ちゃんの写真やお母さんの体験談、実際に肌着を比較検証しながら話を進め、できる限りわかりやすくしました。

夏休み後半ということもあって、生徒さんたちも色々なところへ訪問したり体験していたようで、それらの話も聞いていると高校生と赤ちゃんという一見ちぐはぐさも感じられそうですが、社会や生活の中で赤ちゃんに接する機会が少ない時代で学生たちが発信していくことに意味があると感じました。さらに学びを得た彼女たちがこれからどんな女性から母親へなっていくのか楽しみでもあります。

私は偉いことは言えないし、人をまとめ何かを成すこともできないけれど、一緒に考え続けることはできるのかなと思えました。私自身も生徒さんから学ぶことがあり、知ってもい興味をもってもらえるように今後の発信の仕方や方向性も見えた気がします。本当に貴重な経験をさせていただき感謝しています。

また、研究の発表は文化祭で行われるようで、その際にインスタグラムでベビーストリアの肌着を着用し成長記録を残してくださっている3組の赤ちゃんのお写真や動画を展示して頂くことになりました。ご担当の先生がすべての投稿をひとつずつ読んで選んでくれました。

どんな展示になっているか楽しみにしたいと思います。

 

Baby Storia低出生体重児用肌着オンラインショップ

 

実際に低出生体重児をもつ母親目線から生まれた小さな赤ちゃんにピッタリサイズの肌着屋です。ベビーストリアの肌着は、小さな赤ちゃんを出産したお母さんが不安や悲しみを抱えるのではなく、赤ちゃんが成長していく過程「今」を楽しみながら親子の絆を育む肌着です。

 

インスタグラムでも赤ちゃんとご家族を応援しています

お母さん同士の繋がりを大切にしたい。
ベビーストリアでは、低体重児をもつお母さんが、それぞれの不安や葛藤をひとりで抱え込まなくていいように、インスタグラムでお母さん同士の繋がりを大切にしています。インスタグラムで赤ちゃんの様子を発信して、肌着を通してお母さん同士が赤ちゃんの成長を喜びあっています。小さな赤ちゃんを出産するとNICUでの過ごし方や赤ちゃんの成長で気になること、悩みは様々あります。子育ては簡単ではありません。お母さん同士が悩みや不安を共有することで不安な気持ちを癒せるような取り組みを目指しています。

Follow me!

[ 赤ちゃんとお母さんをめぐる問題 高校講演 ]ダイアリー2019/09/18 22:16

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。