未熟児のお洋服を手作りしたい

お母さんが作る未熟児のためのお洋服

 

ベビーストリアの肌着は、とても品質にも気を使い、お母さんと赤ちゃんが毎日を心地よく過ごせるように機能やデザインが考えられています。肌着を使用していただいているお母さんからも着せやすい、使いやすいと言っていただいています。

しかし、そんなベビーストリアの肌着でも勝てないのがお母さんが手作りした肌着です。お母さんが自分の赤ちゃんを想いながら作る肌着は、赤ちゃんに良いことはわかりますし、一針一針に愛情を注ぐことは、お母さんの母性を育てるのにとても効果的です。

 

息子のために手作り肌着

 

私には、23週445gで出産した息子がいます。私も、そんな息子のために肌着を手作りした母親の一人です。

なぜ、手作りの肌着を作ったかというと、肌着を着られるようになった頃に用意した肌着が大きすぎてしまったこともありますが、一番は息子を傍に感じていたかったからです。病院から自宅に帰って来ても、本来だったら片時も離れないはずの息子がいない寂しさや虚無感を感じました。さらには、自分が抱えていた息子への罪悪感も拭いたい気持ちもあったと思います。

精神的にも疲労していたはずですが、僅かな時間を使って少しずつ縫いました。私は裁縫の知識も技術もないので出来上がりはお世辞にも上手いと言えませんが、自分ではとても満足しました。そして、その肌着を着た息子はとても可愛く思え、自宅に帰っても息子と同じサイズの肌着は、息子が傍に感じられるのと同時に抱っこしている感覚も得られて、私の心もとても満ち足りた気分になりました。

 

母性を育てる手作り肌着

 

時々、「未熟児のお洋服を手作りしたいです」とご相談を受けることがありますが、ベビーストリアでは手作り肌着の作り方などはお教えしていません。なぜなら、私が何の技術も知識も持っていないからです。当時の私はハンドメイドの本を読み漁り、型紙のない未熟児サイズを縮小コピーやそこで不具合が出たところを手直ししながら当たりを付けて手作りしていたので、自分でもよくわかっていないのです。今考えると、我ながらよくやれたものだと感心すらしています。

お母さんが作る手作りのお洋服には、母性を育てる効果もあると思っています。お母さんのぬくもりに溢れたお洋服で、赤ちゃんとのふれあいや傍に感じることが、赤ちゃんを受け入れることへ結びつき、赤ちゃんと共に歩むための意欲や自信にも繋がると思います。

お洋服の作り方をお教えすることはできませんが、お洋服を作りたいと思っているお母さんの気持ちには寄り添いたいと思っています。お母さんの手作り肌着のように、ベビーストリアの肌着にも、それぞれのお母さんたちの想いが宿ってもらえたら素敵ですよね。私もそのような肌着づくりをしていきたいです。

 

ベビーストリアは低出生体重児のための肌着専門店です

 

実際に低出生体重児をもつ母親目線から生まれた小さな赤ちゃんにピッタリサイズの肌着屋です。ベビーストリアの肌着は、小さな赤ちゃんを出産したお母さんが不安や悲しみを抱えるのではなく、赤ちゃんが成長していく過程「今」を楽しみながら親子の絆を育む肌着です。

 

インスタグラムでも赤ちゃんとお母さんを応援しています

 

お母さん同士の繋がりを大切にしたい。
ベビーストリアでは、低体重児をもつお母さんが、それぞれの不安や葛藤をひとりで抱え込まなくていいように、インスタグラムでお母さん同士の繋がりを大切にしています。インスタグラムで赤ちゃんの様子を発信して、肌着を通してお母さん同士が赤ちゃんの成長を喜びあっています。小さな赤ちゃんを出産するとNICUでの過ごし方や赤ちゃんの成長で気になること、悩みは様々あります。子育ては簡単ではありません。お母さん同士が悩みや不安を共有することで不安な気持ちを癒せるような取り組みを目指しています。

Follow me!

[ 未熟児のお洋服を手作りしたい ]ダイアリー2019/03/24 01:21

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。