神奈川県立こども医療センターNICUイベント報告

こども医療センターNICU空っぽの会が無事に終わりました

先日お知らせしました神奈川県立こども医療センターNICUのイベントの模様です。

空っぽの会という何ともポップなネーミングの会で。(私たちが決めましたが。。)思い付きの仮の名前としていましたが、何カ月も使っていると愛着が芽生えるし、わかりやすさもあって(誰に?)そのまま最後まで「空っぽの会」としました。

昨日、無事に空っぽの会を終えることができました。半年前から企画に携わらせてもらってあっという間でした。その間もファミリーフォトでNICUにお邪魔していましたが、息子と過ごしたこのNICUがなくなってしまうことに日増しに寂しさを感じながらこの日までカウントダウンしていました。

その間、赤ちゃんたちはどこにいるの?、、ちゃんと新しく拡大新設されたGCUにお引越ししていました。新しいNICUが完成するまでベット数が少なくなるそうですが、完成したらこれまで以上の赤ちゃんたちを受け入れられるようになるそうです。

 

こども医療センターNICU応援アンバサダーとして

空っぽの会では、アンバサダーブースももらえることになっていましたが、思ったより範囲が広くて準備作業もバタバタになってしまいました。アンバサダーメンバーも多忙でなかなか打ち合わせができなくて、、また、カメラマンが急遽仕事になり、会場のセッティングも当日の朝という無謀さ笑 案の定、開場時間になっても作業が終わらない。家族総出のセッティングも楽しかったし、まぁ、これもある意味私たちらしいのかな。

アンバサダー活動とファミリーフォトについてはコチラ

 

神奈川県立こども医療センターNICUのブログで豊島先生が空っぽの会の紹介をしていますので、こちらのブログではイベントの裏方として、アンバサダーの目線でご報告していきます。

ファミリーフォトブースでは、アンバサダー広報活動に賛同してくださったご家族分のファミリーフォトを2L版に印刷して展示しました。2L版にするだけでも印象が変わり枚数も多いので豪華さがありました。ファミリーフォトでご家族にお渡ししている写真の他にカメラマンが撮影した写真もあり、どれも素敵な笑顔があふれた写真ばかりで、とても見応えがありました。

それからファミリーフォトにはしら欠かせないスクラップブッキングも展示するため、大判サイズをお願いしました。スクラップブッキングの先生には毎回素敵なスクラップブッキングを作成してもらっていて感謝。このスクラップブッキングには、こども医療センターNICUブログに登場している患者ご家族の写真を年単位で作りました。

この作業がとんでもなく大変でした、、年間およそ500枚の家族写真が8年分ました。とても全ては出力できず、ひとつずつ記事を確認し、選定させてもらい一家族一枚は写真があるようにしたつもりです。その中の数枚を年間ベストとしてスクラップブッキングにして、こちらは会の終了後にNICUに寄付しました。

NICUと共にあったこども医療センターNICUブログですし、ご家族がご自身の写真を探して喜んでいる姿を見たら、大変さを考えるより、やってよかったなと思えました。やっぱりここの展示が一番足を止めている方が多かったし、yahooブログの終了と共にNICUのブログが消えてしまう恐れもあるということで、このタイミングでご家族に見てもらうことに意味があったとも思っています。

空っぽの会には、400名のご来場がありました。先生方のバンド演奏やレ・フレールの斎藤守也さんのピアノコンサートがあって、それぞれに子供たちが喜ぶ選曲をしてくださりありがとうございました!うちの息子も夢中で楽しんでいました。NICUブースでは村田さんやドラマコウノドリ出演者のサインも展示されていましたね。これまでのご家族の想いや活動が、豊島先生のこれからのNICUビジョンに繋がっていってくれると思っています。

息子が入院していた頃に一緒に過ごしていた懐かしいたち顔ぶれ、ベビーストリアとしてご縁があるご家族たちにとたくさんの方にお会いできたこと、たくさんの家族ご家族が再開を喜びあっていた姿。私も一患者家族として貴重な時間を過ごすことができました。

たくさんの写真を撮りましたが載せきれず。インスタグラムで参加ご家族が投稿してくれていますので「#こども医療センターnicu」で検索してくださいね。

楽しい時間をありがとうございました。さよなら、ぼくたちのNICU。

 

 

ベビーストリアの低出生体重児用肌着も展示しました

 

空っぽの会では、ベビーストリアの低出生体重児用肌着も展示させてもらいました。すべてのご家族が笑顔で過ごすことができますように。

実際に低出生体重児をもつ母親目線から生まれた小さな赤ちゃんにピッタリサイズの肌着屋です。ベビーストリアの肌着は、小さな赤ちゃんを出産したお母さんが不安や悲しみを抱えるのではなく、赤ちゃんが成長していく過程「今」を楽しみながら親子の絆を育む肌着です。

 

インスタグラムでもNICUで頑張るご家族を応援しています

お母さん同士の繋がりを大切にしたい。
ベビーストリアでは、低体重児をもつお母さんが、それぞれの不安や葛藤をひとりで抱え込まなくていいように、インスタグラムでお母さん同士の繋がりを大切にしています。インスタグラムで赤ちゃんの様子を発信して、肌着を通してお母さん同士が赤ちゃんの成長を喜びあっています。小さな赤ちゃんを出産するとNICUでの過ごし方や赤ちゃんの成長で気になること、悩みは様々あります。子育ては簡単ではありません。お母さん同士が悩みや不安を共有することで不安な気持ちを癒せるような取り組みを目指しています。

 

 

Follow me!

[ 神奈川県立こども医療センターNICUイベント報告 ]ダイアリー2019/03/17 11:12

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。