低体重赤ちゃんの肌着と服

NICUの保育器と低体重児|帝王切開で生まれた赤ちゃん

小さく生まれたあなたとの一生の思い出

ベビーストリアは低出生体重児(未熟児)で生まれた赤ちゃんのための小さな肌着の専門店です。早産・低体重といっても赤ちゃんの症状はそれぞれ。素材やデザインに全国のNICUママの声を取り入れることで小さな赤ちゃんとママのがNICUからお家での毎日を楽しく快適に子育てができる肌着を心がけています。

2500g未満の赤ちゃんにとって新生児サイズはとても大きい

私には低体重で産まれた息子がいます。在胎週数は23週、445gの早産児でした。

新生児の肌着や服のサイズは50cmサイズと50~60cmサイズがあります。50cmサイズの方はお店の陳列量も少なめなので50~60cmの方が一般的なのかもしれませんね。当時の私は低出生体重児を出産するなんて思ってもいなかったので、何の知識もなく当たり前のように新生児サイズの肌着を準備していました。

実際に肌着を着せてみたら凄く大きくて、早産や小さく生んでしまった事実をあらためて突き付けられたように思えました。よくよく考えてみると正期産で生まれた赤ちゃんでさえ新生児サイズの肌着はちょっと大きいかなと感じるんですよね。そんなことも忘れて2000gにも満たない息子に大きな肌着を着せては毎日落ち込んでいたのです。

ベビーストリアを利用してくれているお客様も最初はみんな同じような悩みを抱えています。「いろいろ探してやっと辿り着きました、こんな肌着を探していました」と、こんな小さなお店を見つけてくれたからには私にしかできない肌着、NICUで過ごす赤ちゃんとママへ本当に良いと思うものをお届けしたいと思っています。

 

低体重赤ちゃん(未熟児)の肌着で大切にしていること

うちの子は低体重児の中でも小さく、超低出生体重児で産まれました。体も細く、成長もゆっくりな方です。

早産で生まれた赤ちゃんは症状もそれぞれです。人工呼吸器を必要としたり、生まれてすぐに手術を繰り返すこともあります。それぞれにゆっくりと成長していきます。

NICUで様々な治療を受けて頑張ってきた赤ちゃんですので、ちょうど良いサイズの肌着を着せてあげたいというママたちに「着せる」ということ以上のものを届けたいと思っています。

小さな赤ちゃんは肌が弱くデリケートなので、素材が柔らかく肌に優しいこと、耐久性に優れて洗濯にも型崩れしないこと、無機質な病院でも明るく華やかなデザイン、たくさんの管があってもはだけずに抱っこがしやすいなど日常の生活での使いやすさも大切にしています。それだけ低体重で産まれた赤ちゃんは特別だと思っています。

NICUの中では温度管理も徹底されているので、はじめは肌着の準備だけでも十分だと思います。お洋服は退院の時期に合わせて用意してあげても十分に間に合います。ベビーストリアの肌着はNICUで肌着が着られるようになる1800g前後の赤ちゃんからご着用いただけます。また、退院時の体重は2300gを目安にしている病院が多いので退院後もまだまだ着られます。ご購入くださったお母さんたちは、大きくなったら子供に「こんなに小さかったんだよ」と渡してあげたいと肌着をとても大切にしてくれていています。この小さな肌着は、小さく生まれたきみとの一生の思い出。これからもずっと親子を繋ぐ絆になっていってくれると思います。

後になって、やっぱりあの時着せてあげたかった、、と後悔だけはしてほしくないと思っています。大切な赤ちゃんのファースト肌着を選んであげられるのは、ママしかいないのですから。

 

小さな肌着とベビーストリアの想い

肌着が選ばれる4つの理由

 

商品についてどんな些細なことでもお気軽にお問合せ下さい。肌着の取り扱いからお色や着用体重のイメージまでご案内いたします。

また、ベビーストリアのブログでは、同じ小さな赤ちゃんをもつお母さんたちとの交流から感じたこと、早産や低出生体重児の成長、NICUでの過ごし方などお母さんが気になる情報をご紹介しています。

 

低出生体重児用肌着専門店ベビーストリアオンラインショップ

 

実際に低出生体重児をもつ母親目線から生まれた小さな赤ちゃんにピッタリサイズの肌着屋です。ベビーストリアの肌着は、小さな赤ちゃんを出産したお母さんが不安や悲しみを抱えるのではなく、赤ちゃんが成長していく過程「今」を楽しみながら親子の絆を育む肌着です。

未熟児|低出生体重児|早産で生まれた小さな赤ちゃんとNICUで過ごすママのために赤ちゃんの成長を感じられる肌着

 

インスタグラムでも赤ちゃんとお母さんを応援しています

 

お母さん同士の繋がりを大切にしたい。

ベビーストリアでは、低体重児をもつお母さんが、それぞれの不安や葛藤をひとりで抱え込まなくていいように、インスタグラムでお母さん同士の繋がりを大切にしています。インスタグラムで赤ちゃんの様子を発信して、肌着を通してお母さん同士が赤ちゃんの成長を喜びあっています。小さな赤ちゃんを出産するとNICUでの過ごし方や赤ちゃんの成長で気になること、悩みは様々あります。子育ては簡単ではありません。お母さん同士が悩みや不安を共有することで不安な気持ちを癒せるような取り組みを目指しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

〈コンビ肌着と母の想い〉 ・ 初めから短肌着と長肌着は選択肢にありませんでした。 ・ 小さな赤ちゃんはお腹周りが少し大きいのでベビーストリアの小さなサイズで短肌着を作ると確実にはだけます。 ・ 「新生児に短肌着」でも、小さな赤ちゃんにそれが当てはまるとは限りません。 ・ それに小さな赤ちゃんは、産まれてから心臓やお腹の手術をすることがあります。 ・ お母さんが手術跡を見て悲しみや罪悪感を抱えたり、なかなか受け入れられず辛い想いもしてしまいます。 ・ 赤ちゃんを優しく包んであげたいというお母さんの想いを知り、コンビ肌着だけにしようと決めました。 ・ 紐にしたのもお母さんそれぞれの加減があるから。 ・ これも当たり前をやめたからできたこと。 ・ ・ ・ #babystoria #コンビ肌着 #nicu #gcu #低体重児 #低出生体重児 #極低出生体重児 #超低出生体重児 #早産 #早産児 #切迫早産 #動脈管開存症 #madeinjapan #babyfashion #女の子ベビー #女の子ママ #マタニティ #プレママ #妊娠 #妊婦 #ベビー用品 #ベビフル #ママリ #成長記録 #子育て

ベビーストリア新生児小さめ肌着専門店(@babystoria.preemie)がシェアした投稿 –

Follow me!

[ 低体重赤ちゃんの肌着と服 ]ダイアリー2018/06/22 17:15