低出生体重児(未熟児)赤ちゃんのNICUでの肌着の役割

肌着って着るだけじゃないんだ

肌着をご購入されたお客様より嬉しい声をいただきましたのでご紹介させていただきます。肌着って着るだけじゃないんだと気づかせていただきました。今回はNICUでの肌着の役割について私も考えてみました。

 

「NICUで孤独を感じていたところ、こちらの肌着を着ていたら他の親御さんから、「肌着可愛いですね」と声をかけていただきました。NICUは他のご家族に声をかけづらいのですが、それがきっかけでお話することができました。」

との内容でした。すっごく感動です!!

肌着がお役に立てて何よりです。毎日毎日、赤ちゃんの面会に行って先生や看護師さん以外ほとんど会話をすることなく帰宅。なんてことはざらにあって。病室はピンと張りつめたような雰囲気があるし、周りのお子さんやご家族の様子もわからないんですね。だからベッドが隣同士でもまったく違う次元にいるようで、元気?なんて気安く話しかけられるわけがないんです。誰にも相談もできずに気も滅入ってしまいます。

でもきっとみんなきっかけさえあれば話しかけることができるんだと思います。話しかけてみたいなとか、お互いにそういう想いは抱えているんじゃないかなと思うんです。

周りとのコミュニケーションがあれば孤立感、産後うつなどの予防にもなるだろうし、同じママ同士気持ちを分かり合えることは何よりも大切なことだと思います。子育てはひとりでするものじゃないし、ひとりで抱え込まないでほしいです。

ベビーストリアの肌着がママを癒すだけでなく、コミュニケーションツールとしてもお役に立つことができてとても嬉しく思っています。NICUという場所が特殊な場所ではなく、お家と同じような環境、気持ちで過ごせる場所となってほしいですね。ご家族同士のコミュニケーションを図りながらみんなで小さな命を育てていけるといいなと思います。悲しい思い出だけじゃなく、いつか成長した赤ちゃんと一緒に里帰りしたくなるような素敵な思い出となりますように。

ぜひ「今」を楽しんでくださいね。

 

とても心温まるメッセージありがとうございました。みなさまのメッセージが届くのを楽しみにしています。どんな小さなことでも共有したいなと思っています。お気軽にメッセージをお送り下さい♪

 

 

新生児小さめ肌着専門店Baby Storia オンラインショップ

 

「赤ちゃんにピッタリなサイズの肌着で子育てができることに幸せを感じます」とお声をいただいています!

ベビーストリアの肌着は、小さな赤ちゃんを出産したお母さんが不安や辛い思いを抱えるのではなく、赤ちゃんが成長していく過程「今」を楽しみながら親子の絆を育む肌着です。

 

 

 

 

Follow me!

[ 低出生体重児(未熟児)赤ちゃんのNICUでの肌着の役割 ]ダイアリー2017/12/21 15:39

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。