低体重で産まれた赤ちゃんとお母さんへ贈る、ぬくもりと優しさで絆を育むブランケット


退院後の赤ちゃんとお母さんの気持ち

赤ちゃんが退院した後は、退院した喜びがある反面、赤ちゃんの成長発達の遅れや赤ちゃんが病気にかかりやすかったりと育児の困難さ、成長発達への不安や心細さを抱えているお母さんも少なくありません。さらに、小さな赤ちゃんをもつお母さんは、子育ての指標になるものが無く、正期産のお母さんに比べて育児不安が高く、周りの赤ちゃんと比べてしまい落ち込み、少しのことでも「小さく産んでしまったから」と自分を責めやすいです。



抱っこで深める親子の絆

そんなお母さんの不安や心細さ、自責の念を少なくする、一番効果的なことは、赤ちゃんを抱っこすることです。赤ちゃんを抱きしめることで赤ちゃんを落ち着かせ、お母さんは赤ちゃんの呼吸や体温を感じることで、とても満ち足りた気持ちになります。赤ちゃんの誕生後、NICUでは保育器の窓越しの触れ合いになります。保育器の中で過ごす赤ちゃんとお母さんにとって抱っこができるようになるのは、とても嬉しいことです。小さな赤ちゃんを持つお母さんにとって赤ちゃんを抱きしめることは、とても特別なことで、親子の絆を育む大きな役割となっています。



ベビーストリアのブランケットは抱っこにぴったり

ベビーストリアのブランケットは、小さな赤ちゃんを抱っこするのにぴったりです。小さな赤ちゃんに合わせたサイズは、お母さんのおなかの中と同じ姿勢を保つことができて安心して眠ることができます。長時間の抱っこにも小さな赤ちゃんの体をしっかり包み込めるので抱っこがしやすくなっています。

また、小さな赤ちゃんは体温調節が弱く、気温や室温に影響されてしまいます。お腹の冷えは赤ちゃんの体に様々な影響を与えるので、赤ちゃんの体をなるべく冷やさないことが大切です。ブランケット生地には上質なコットンを使用し、赤ちゃんの肌への刺激が少なく、保湿・保温効果が高いなど、小さな赤ちゃんに安心の機能を備えています。

このように赤ちゃんとお母さんの暮らしに寄り添って、丁寧に作られています。 小さな赤ちゃんをたくさん抱きしめることによって、初めての抱っこのようにお母さんのぬくもりのような温かさを赤ちゃんに感じてもらい、お母さんが赤ちゃんとの愛情を深め、心を落ち着かせて不安を和らげることができます。





お母さんたちを孤独にしないためにできること

小さな赤ちゃんは抵抗力が弱く風邪などの感染症には注意が必要です。感染症予防や体力の消耗を避けるために退院後しばらくは必要最低限の外出のみになり、周りとの関りが少なく、お母さんは孤独を感じやすくなります。

小さな赤ちゃんを出産したお母さんには、理解者がいることが大きな励みになります。お母さんが孤独を感じないような支援がとても大切です。



小さな赤ちゃんとお母さんを応援しよう

お母さんが育児不安や育児負担を感じやすい時期に、「大丈夫だよ、そばにいるよ」という想いを込めて、小さな赤ちゃんとお母さんの気持ちを優しく包むブランケットを贈って応援しませんか。気持ちに寄り添うことでお母さんが安心感を得られ心強く感じられます。

病院では肌着の持ち込みができない場合もあります。そのような時にもコットンブランケットは、ご退院後のおくるみからお昼寝まで長くお使い頂けますので、お母さんたちに大変喜ばれ、ご出産やご退院のお祝いギフトに最適です。

また、肌着と同じ生地を使用したコットンブランケットは、肌への刺激が少なく、小さな赤ちゃんだけでなく、肌が敏感な赤ちゃんをもつお母さんたちに安心してご使用いただいています。



ブランケットのご利用者の声

・出産のお祝いでいただきました。アレルギー体質で肌が弱いので、気を使ってくれたことが嬉しいし、ブランケットの肌触りも良くレースも可愛いです。一歳を過ぎましたが今も愛用しています。

・友人から肌着と一緒にブランケットをプレゼントしていただき、とっても可愛くてますます娘が愛おしく感じます。

・静電気が出ず、洗濯の度にふわふわして気持ちがいいです。退院のおくるみにしたら可愛いとほめてもらえて元気が出ました。

・あかちゃん用品は似たような色合いばかりですが、鮮やかな色合いは特別感があってお気に入りです。



ベビーストリアのコットンブランケット オンラインショップ